各マップについての解説

 

ABBEY(修道院) 1000×1000 夏季 通常戦

市街地が中央の丘とその西の低地に存在するほか、全体的に起伏に富んだマップ。
中央の市街地を通る道路は基本的に一本道で出合い頭の撃ち合いが行われるが、マップ中央の広場に侵入して進撃すれば相手の本陣を狙うことができる。また市街地西側にも街路が存在し、通り抜けも可能。
一方市街地東側の切通しを通れば高低差なしに相手本陣の前まで一直線だが、まず確実に防御の戦車がいるためかあまり使われない。
そのほか西と東に迂回路があるが、西の迂回路にはいくつか分岐があり、中央から攻撃が通る可能性がある一方、一段下がっている東の迂回路は一本道で、他か らの攻撃があまり通らない。ただし東の迂回路は大抵道中で待ち伏せされる上、本陣侵入時に坂を登る必要があり迎撃されやすい。

 

※偵察ポイント
修道院内(遮蔽物を活用)
※砲撃ポイント
南側:E-6(ただし俯角が取れることが条件)
※砲撃ポイント(自走砲)
北側:A-6,A-9
南側:K-4のくぼみ(ただしカウンターを食らうと逃げれない)、K-6,K-7の茂みの中、K-8のくぼみ

 

AIRFIELD(飛行場) 1000×1000 砂漠 通常戦

開戦しばらくしてから約2分に1回程度の割合でドイツ戦闘機が飛来し去っていくギミックが存在する。

 

※偵察ポイント
共通:B-5,H-5(台座を遮蔽物として活用する)
※砲撃ポイント
西側:D-2の岩陰(自走砲から打たれたら、B-9に自走砲がいる)
東側:D-9の丘上(草むらと岩を使って隠れながら、北の平原と南の一部が狙撃可能。序盤の北方偵察にも)
※砲撃ポイント(自走砲)
西側:C-1(岩陰で、カウンターをよけやすい),G,H-1
東側:B-9,0(ただし速度と隠蔽率が必要),E,F,G-0(ただし木を倒さないこと),J-0(岩陰で、カウンターをよけやすい)

 

ARCTIC REGION(北極圏) 1000×1000 冬季 通常戦

南側の水辺を通るルートは比較的開けているが、それ以外のルートは険しい山に挟まれた道を通ることになる。

 

岩場の遮蔽物が豊富だが、全体的に水辺に向かって緩やかに下っていく地形は、見た目以上に見通しがよい為に迂闊な位置を移動していると思いもよらぬ遠距離から狙撃されてしまう。
また、自走砲の射線と遠距離からの狙撃から逃れられる場所も限られているため、
北東側は、マップ北東のトーチカの点在する山道を進むルート、
南西側は、北東側が極端に守り難い水辺の道路を進んで一気に敵本陣に攻めあがるルートに偏る傾向にある。

 

北東側の南ルートは最初の曲がり角からSPGを含む敵の攻撃が通り、かつこちらの道が狭いため、このルートから進撃すると角から出るたびに各個撃破という状況に陥りやすい。
進撃するにも崖の岩肌位しか遮蔽物のない川岸を進み、そこを抜けたとしても更に何もない雪原に出るルートなので、敵に視界を確保されると敵フラグ付近まで遠距離からの砲撃に晒され続ける事になる。
南側は本陣入り口(直前が幅の狭い坂になっており、本陣側から攻撃を加えやすい)での防衛に徹し、北ルートを進撃する方が得策だろう。

 

両フラグ付近に隠れてフラグを守るのに絶好の場所が幾つかあり、そこに隠蔽率の高い戦車に篭られると占領に向かった戦車が悉く撃破されることもある。

 

※偵察ポイント
北東側:C-3の山の上のくぼみ(視線が切れる度にちょくちょく頭をだすこと。自走砲の弾は遮蔽の関係で打ちづらい)、D-7の茂み
※砲撃ポイント
北東側:F-0(自走砲がいない状態、かつ俯角が取れること)
※砲撃ポイント(自走砲)
北東側:A-8,D-0(木を倒さないように打ったら、視線を戻して移動すること)
南西側:J-1(山の上のくぼみ、低隠蔽率only,みつかりづらい、前で打って後ろに下がる),K-1(岩陰、Aラインからカウンターを食らわない),K-3(くぼんでいてカウンターを喰らいづらい)
K-5は高tier NG

 

CLIFF(崖) 1000×1000 夏季 通常戦

構造はかなりシンプルで、マップ中央部分の台地から西側道路を封鎖する前線を横合いから崩せるために先に中央へ浸出するか、自走砲の射線を防げる山を回りこんで海岸線を侵攻するルートをめぐって小競り合いになる事が多い。

 

※偵察ポイント
共通:E-7,8の丘上
南側:D-2,3,4まで行くとA-1,2,3あたりのSPGが見える
※砲撃ポイント(自走砲)
北側:A-2の崖下、草陰、A-4の茂み以外はD-2,3,4までLTがくると位置がバレる
南側:K-1(カウンターをねらわれるので注意すること),K-5,6

 

DRAGON RIDGE(竜の峠) 1000×1000 夏季 通常戦

ENSK(エンスク) 600×600 夏季 通常戦、遭遇戦

西側の市街地と東側の丘に分かれたマップ。

 

※偵察ポイント
北側:D-0の茂み
南側:G-0の茂み,J-0の茂み(ただし小さな車両only)
※砲撃ポイント
北側:B-1の残骸の裏,D-4,5の残骸の裏(エンカウンターのcap止に最適)
※砲撃ポイント(自走砲):敵味方の配置により変わるので状況しだい
北側:A-1
南側:K-0

 

西側は建物が多く、自走砲の攻撃も届かない事が多い。
比較的直線距離を長く取れる通りが多く、それを避けて区画内での混戦になりやすい。
近距離での直射を狙った自走砲が活躍することも珍しくない。
特にマップ西端の通りは、北側に崩壊した壁が銃眼状になった建物。
南側には隠れるのに最適な茂みと住宅地。
それぞれに待ち伏せに有利な地形が用意されている。
市街地東側の駅前に面した通りも、戦車で押し潰せる壁や、壁に穴があいている建物等が幾つもある。
その為、思わぬ位置から狙撃される事もある。

 

東側は起伏に富んだ地形で、茂みも多く長距離で狙うのは難しいが、
遮蔽物は線路沿いの低い建物しかないので自走砲で捉える事が出来る。

 

中央を走る鉄道には列車が放置されているので北端と南端以外はほぼ一本道で、
敵と鉢合わせた場合は正面からの撃ち合いとなる。
一応、貨物車両を砲撃で破壊すれば視線を通すことも出来る。

 

全域で機動力を制限される状況が多く、速度よりも旋回性能が重要になる。

 

EL HALLUF(エル・ハルフ) 1000×1000 砂漠 通常戦、遭遇戦

砂漠の中央を北西から南東に斜めに谷川が流れており、河口付近ほど谷が深いが渡河はほぼ全域で可能である。
また、スタート位置がお互いに谷を挟んだ丘の上であり、急斜面を下り、更に今度は登らなくては相手のフラッグに到達できないという、独特なマップである。
当然ながら互いに見通しがよく、Artyにとっては嬉しく重戦車にとっては辛いマップと言えよう。
全域がMALINOVKAの南西半分のようなものである。
ただし両陣地を要害たらしめている斜面にもお互いに何箇所か突破されやすい箇所がある。
比較的安全に高台からの砲火を避けて敵陣へ攻めあがれる場所として、南東の河口を挟んだ崖と北東部の斜面が攻防の焦点になり、そこを巡る攻防と対岸との遠距離の射撃戦で勝敗が決しやすい。

 

谷底部分は、干上がった川に沿って起伏と茂みが豊富で戦車を隠せる岩も点在しており、開幕直後に谷底の手頃な茂みに潜み、対岸をスポットすることが有効な戦術となる。ただし、谷の上から撃ち下ろされる砲弾は強力であり、発見されてしまうと瞬殺される可能性が高い。
谷底の村の石造りの建物も遮蔽物として使えるものの、このマップにあるすべての建物は、砲弾とある程度の馬力のある戦車で簡単に押しつぶす事が出来る脆い物なので過信は禁物。

 

河口部分の崖下は、お互いに高台からの死角になっている。
そこへ侵入して谷底から崖上に上がる道路や斜面を伺う敵を谷底へ降りて迎撃しようとしても、敵陣からの砲撃に晒され排除に苦慮する事になる。
Ⅰ側の道路は、岩場の入り組んだ上り口と緩やかな勾配のせいで若干攻め込まれやすく、防御側も坂の上で待ち受けようにも対岸からの砲撃を避ける遮蔽物も限られてしまう。
Ⅱ側は、急峻な斜面から崖を盾に砲火を避けて小高い岬の方へあがる事ができる。
しかし、斜面脇の崖が敵陣に対する遮蔽物として役に立つのはある程度坂を上ってからなので、エンジンの弱い戦車には辛いルートになっている。
防衛側も、仰俯角の自由度が低い戦車では、陣地側からも坂の上からも、坂の下に侵入する戦車や、登攀してくる戦車を一方的に撃ち下ろす事が難しくなっている。

 

マップ北西部分は、谷の幅が狭くなり谷底を横切る距離は短くなっているがSPGの砲撃を遮る遮蔽物が若干限られている。
その為、Ⅰ側からは長い坂を下って一気に谷底を横断して斜面に取り付くことができ、Ⅱ側も敵の攻撃を避けながら到着し易いマップ北西端のⅡ側に位置する丘が激戦区になりやすい。
急な斜面を登りきらないと攻撃できない丘の頂上は、突破されるとⅠ側は崖上の防御の側面を衝かれ易い比較的緩やかな斜面への、Ⅱ側は、フラグの目と鼻の先にある崖上に上がる急斜面の麓まで敵の侵入を許してしまう事になりかねない。
どちらにとっても自陣側から支援を望めるなら背後を衝かれる心配もないが、フラグ方面への迅速な救援も難しい膠着状態に陥りやすい場所にもなっている。

 

※偵察ポイント
北東側:C-6,E-7,G-9(低隠蔽率車両のみ)
※砲撃ポイント(自走砲)
北東側:A,B-0,C-0,D-0の山の上、G-0のくぼみ
南西側:K-4,5, J-6のくぼみ

 

ERLENBERG(エーレンベルク) 1000×1000 冬季 通常戦、強襲戦

旗と開始地点が離れているマップ。
通常戦では、マップ左下と右上の交差点付近からそれぞれ開始。
旗は中央の市街地で川を挟んで近接しているが、川を渡れるのは北、南、中央の3本の橋のみ。

 

特にⅡ側開始地点付近とⅡ側フラグ付近の東側の町並みが刷新され。
Ⅱ側D-9の丘の上が整地され、二軒の屋敷が設置されてたことで城を有するⅠ側に勝るとも劣らない防御陣地になった。

 

川沿いに増えた住宅は、石造りの壁こそ壊せないが、幾つかのパーツからなる屋根の部分は破壊可能。
破壊すれば見た目以上に高台からの射線を通す事ができる。

 

※偵察ポイント
東側:E-8の草陰(低隠蔽率only),E-8の家の裏
西側:D-2の草陰(低隠蔽率only),D-2の家の裏
※砲撃ポイント(自走砲)
東側:A-0,B-0,E-0,K-0
西側:G,H-1の間の丘の上,J-1,K-1

 

FISHERMAN’S BAY(漁師の港) 1000×1000 夏季 通常戦

全体的に北側陣地のマップ北西端から海岸線、南側陣地に向かって緩やかに下っていく地形になっている。
また、フラグ付近にはおよそ遮蔽物と呼べるものが殆ど無いが、小高く隆起した丘やマップを走る道路付近のように小高い土手になっている場所が多く、畑の部 分こそ平坦で開けているものの茂みや樹木や建物の密集した区画の多さからマップ画像から想像する以上に変化に富んだマップになっている。
このマップをいくつかのエリアに分けるとすれば、
マップ北西端の教会のある小さな村、マップ東の港のある町、中央部分を東西に走る道路、マップ西端に南北に走る道路が戦況に影響を与えやすい。

 

マップ北西端の教会のある小さな村付近は、このマップ内で一番標高が高い小高い丘にあり、北側に絶好の遮蔽物とマップ北側の広範囲をカバーする広い射界を提供している。
しかし、そこからマップ中央部の住宅街までのエリアには碌な遮蔽物も樹木も無い丘陵が広がり、守勢に回った時に足止めされやすい場所になっている。
また、後述のマップ西端の道路を突破されてしまうと逆の立場に追い込まれてしまう。

 

マップ東の海岸線に位置するこのマップの名前にもなっている港町は、外周に住宅が並び、自走砲に対して格好の遮蔽物になっている。
建物の間を走る道路は、街路樹や車と言った障害物も豊富だが平坦に整地された直線的な道筋の為に迂闊に前進すると思わぬ遠距離から狙撃を受ける事もある。
特に海岸線と港湾部を囲む道路付近は、平坦で開けているが樹木も多く、侵攻ルートが限定される為に隠蔽率と視認範囲の差で待ち伏せを受けやすい場所になっている。
ちょっとした迂回路も豊富なために足を止めていると側背を突かれたり、十字砲火にも晒されやすい。

 

北側と南側を隔てるように東西に走る道路付近は、道路脇に並んだ住宅と樹木が双方の視界を大きくさえぎっている。
また、道路に沿ってゆるく隆起しているので敵の火線を避けながら東西に移動したり、建物の影から敵陣を伺ったりもできる。
両陣地をつなぐ最短距離の侵攻ルートになるが、場所的に左右から回り込まれやすく、敵陣付近に陣取った戦車やフラグ付近までのエリアに点在する茂みに潜伏した隠蔽率の高い戦車から砲撃を受けやすい場所にもなっている。

 

マップ西端の道路は、豊富な街路樹と茂みで南北の見通しが悪いものの道路に沿って遮蔽物も点在している。
マップ西端中央辺りの北側の三叉路と南側の十字路付近から北の村にかけて道路が走る土手の西側に広い窪地が南北に走り、両陣地方面からの火線を避けながら一気に攻めあげることが出来る場所になっている。
どちらにとってもそこを突破されると陣地付近の側面を脅かされる事になる。

 

※偵察ポイント
南側:G-1の茂み?
※砲撃ポイント(自走砲)
北側:A-1の茂み,A-2の茂み,A-6の茂み,A-8の茂み
南側:J-2,K-1の茂み,K-2,J-5の岩陰と茂み,J-6の茂み

 

FJORDS(フィヨルド) 1000×1000 夏季 通常戦

フィヨルド(氷河による浸食作用によって形成された複雑な地形の湾・入り江のこと)の名前のとおり起伏に富んでいる。
入り江に軍艦が浮かぶ。

 

※偵察ポイント
西側:B-5と6の間,E-5
※砲撃ポイント
東側:E-5,J-5の坂の手前(ハルダウンポイント)
西側:K-5の岩陰(ハルダウンポイント)
※砲撃ポイント(自走砲)
東側:B-0,H-9,0,H,J,K-9
西側:A-3,4,5,6,C-1(ただしカウンターを食らいやすい)

 

HIGHWAY(高速道路) 1000×1000 夏季 通常戦

※偵察ポイント
北東側:D-7,G-8あたりの森
南西側:D-3?

 

HIMMELSDORF(ヒメルズドルフ) 700×700 冬季 通常戦、遭遇戦

ほぼ全域市街地のマップ。

 

見通しが非常に悪く、且つ茂みもほとんど無いので正面衝突する事が多い、
特に広場東側の路地はにらみ合いになる事が多く、装甲の薄い戦車は側面攻撃を狙うほうが良い。

 

建物に高さがあり、自走砲による砲撃は届かない場所が多い、
自ら細かく動いて射界を確保する必要がある。

 

西側は鉄道が走っており、線路上で走行しながらの攻撃は命中が期待できない。

 

東側は坂を登り迂回する事で高い位置から狙い撃ちする事も出来る、
しかし到着まで時間を要するので大勢で行くのは問題である。

 

路地が非常に狭いので味方と行動する際は背後の味方の射界を妨げない様にすると援護もしやすい。
下手をすると背中に誤射を受ける事にもなりかねない、
また後退する味方を阻害しない様にも気を配る必要がある。

 

※砲撃ポイント(自走砲)
北側:A-1,2,3,5,0,B-0
南側:K-1,2,0

 

KARELIA(カレリア) 1000×1000 夏季 通常戦、強襲戦

北の崖上、中央の湿地帯、南の渓谷に分かれる。
パッチにより全体的に移動可能な範囲がスリム化された起伏に富んだ地形に変更された。
俯角の取れない戦車だと思わぬ不覚を取るマップの一つ。

 

変更後も山に阻まれた南ルートを進軍する両軍が衝突する比率が高い。

 

開始位置が高い丘になっており、特にⅡ側陣地にも岩場などの防衛に有利な遮蔽物が増え、北の崖上ルートに対して守りやすい地形になった。

 

中央の道の両脇は湿地帯で、移動する際に機動力が大幅に減衰する。
沼地の外縁部分に岩や木等の視界をさえぎる物が増えたために見通しが悪くなり、身を隠す遮蔽物や起伏も増えたが、それを一歩超えると狙い撃ちされる可能性は依然として高い。
この外縁部分にトーチカの様な岩場が幾つか増え、湿地帯だけでなく北の崖上や南東の山の高台の一部にも睨みをきかせることが出来るようになった。
また、南東の崖下付近は、割と遮蔽物や起伏が豊富で敵の湿地帯への警戒が薄ければ、敵陣の目の前まで見付からずに通り抜ける事が出来るので第三の侵攻ルートになる事がある。

 

北側は少し高めの崖で、起伏のある足場に点在する岩場で身を隠す事も可能。
機動力のある戦車なら遮蔽物を使って機動戦を展開したり、敵本陣まで一気に走り抜ける事が出来る。
岩場以外にも車体を隠すのに打って付けの起伏が何箇所かあり、自走砲の支援がない、あるいは自走砲の居ないマッチングの時にそこに砲塔の装甲の厚いHTに篭城されると要塞化されてしまう。

 

南側は大きな山があるので、フラッグ付近から自走砲の砲撃は届かなくなる。
いくつか岩場もあり、山の陰にも隠れられるので長距離での砲撃戦となる。
大きな変化としてⅡ側の谷の幅が狭くなり、Ⅰ側に谷の中ほどまで小川が流れ込んで出来た沼地がある非常に起伏の富んだ地形になった。
Ⅰ側から広がる窪地に車体を隠しながら谷間の中央付近まで進むことが出来る為、山側に張り付いていても側面から十字砲火を受けやすい地形になった。
また南側からコの字状になった山の高台部分に上がる事が出来、ここを確保できれば北の崖上ルート、中央の湿地帯とフラグ付近の高台に視界を確保できる。
以前と比べて湿地帯側の崖に岩や起伏が増えて狙撃されにくくなっている。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

KOMARIN(コマリン) 800×800 夏季 通常戦

開始地点は南北の数字付近で、東西の丸数字はそれぞれの自陣である。
敵軍のフラグと開始地点は陸続きだが、自軍のフラグは川で隔てられている変則的なマップ。
両軍ともに敵フラグへは短時間に到達できる。
しかし、まったく遮蔽物のないフラグ付近に対し、
敵軍は川を挟んで侵入してくる戦車を待ち伏せする絶好の地形を有している為、
迂闊に占領に向かうと集中砲火を受けることになる。
取りえるルートは
1.東進/西進して敵陣へ向かう
2.東進/西進して自陣へ向かう
3.南下/北上して中央を突破、敵の開始地点を経由して自陣/敵陣へ向かう
のいずれかであるが、これらに戦力をいかに割くかが難しい。
v.0.6.4のパッチでデザインが大幅に変更された。
地形が変更されるとともに中央に建物が配置され、周囲からの攻撃が通りにくくなる一方、
中央の村に侵入する道路に対戦車障害が設置され、開幕で軽戦車が突撃することは難しくなった。
現仕様では残骸が押せるため、敵味方の残骸で橋を封鎖することは大変困難である。
対戦車障害は、一定以上の重量と馬力のある戦車(主にHT)でないと踏み潰すことができない。
またフラッグ周辺の茂みも、防御側は減らされ、攻撃側は増やされている。

 

真ん中の突出した部分を挟んで対岸と向かい合う地形は全体的に平坦であり、中央部分の左右に広がる川越しに対岸に対して広範囲に射界を確保できる。
マップ西側に広がる村落の周辺は攻守ともに火線を遮る地形に乏しく、迂闊にフラグや敵陣へ向けて進攻すると無数に点在する稜線射撃や絶好の待ち伏せポイン トの前に車体を晒してしまう事になりかねない。村落が格好の遮蔽物になると思えるかもしれないがすべての建物は容易に破壊可能な物ばかりであり、それをわ かっている敵に隠れるそばから建物を破壊されると進退窮まる事もある。
また、西側の川岸は茂みの点在する浅瀬で、北から南まで川岸を抜けて侵入する事もできる。
中央突端部分にも西側に沼地の端から茂みの点在する浅瀬が続き、Ⅰ側陣地の広がる対岸に視界を確保できる場所まで中央突端部分の崖下を前進可能になっている。

 

東側に広がる村落も破壊可能な建物が殆どを占め、フラグ付近の工場の様な破壊不能な建物が北を、工場脇の川に面した小高い丘が川を挟んだ西に対する防御壁 を提供してくれるが、Ⅰ側にとっても攻め易い方向を限られてしまい、北東端の橋へ抜ける道路沿いに布陣して対岸からフラグ付近を伺う敵の防衛線に対して正 面から挑まないとならなかったりする。
Ⅱ側も村落北部に布陣した戦車を正面から打ち破らないと南下できないが、村落を突破できればマップ南東に広がる小高い丘に広がる森に直接侵入できる為、Ⅰ側フラグを防衛する敵の側背を衝くことも難しくはない。

 

対戦車障害物で封鎖された中央部分には、外部からの砲撃に防壁になる破壊不可能な倉庫数棟と工場のような建物が南北に抜ける道路脇に点在し、多くの樹木が茂り起伏に富んでいる。
狭い場所と複雑な地形のため、多くの戦車が侵入すると消耗戦の泥仕合になってしまう事も。
確保できれば対岸の広範囲に射界を確保できるが、敵陣から中央部を睨む防衛線が厚いと後方への突破どころか顔を出す事も侭ならず孤立したり、逆に撃ち減らされてしまうので注意が必要。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

LAKEVILLE(湖の村) 800×800 夏季 通常戦

中央に大きな湖があり、西側には渓谷のあるマップ。

 

東側は最東端の山沿いの道路から湖畔に向かって下っていく斜面に広がる市街地で、
細かく分けると南北へ抜ける道路で更に3つの進路がある。
最東端は長い直線のルート、いくつかある茂みからはかなりの距離を狙う事ができるので、潜伏した駆逐戦車などに警戒する必要がある。
小高い丘の上の大きな教会を中心に幾つかのブロックに分かれている市街地中心部は、道幅が非常に狭く、且つ複雑な区画分けの建物に射界を制限される。
ひとつひとつの区画が小さく、機動力のある戦車であれば回り込んで背後を取る事もできる。
山側と湖畔側で若干の高低差があるので低い道路にいる戦車の上面装甲を狙える場所も幾つか存在する。
西側の湖畔沿いのルートは、敵陣への最短ルートで湖の反対側の山道や敵陣の湖畔付近へ降りてきた戦車を狙うこともできるが、同時に狙われる可能性もある。

 

湖の西側にある山腹を進むルートは、ゆるく蛇行する狭隘な一本道で完全に正面からの撃ち合いになる。
中ほどに少し曲がった部分を挟んでにらみ合いになる事が多いが、逃げ場の限られた場所だけに足を止めていると自走砲だけでなく敵陣や湖の反対側から狙われる可能性が高い。

 

西側の渓谷は中央が峠の様になっており、そこを挟んで見えない敵を待つ事になる。
両軍共に陣地の奥深くに峠を越えようと顔を出した戦車を狙い撃ちできる地形が用意されており、迂闊に越えようとすると駆逐戦車に一瞬で撃破される事もある。
敵戦車が峠を越えてきた場合、軽戦車などは素通りさせ、続いてくる中戦車、重戦車を攻撃するのも手。
もし仕留め損ない逃げ帰られるとお互いに詰められない状況になりやすい。
他の東と中央ルートで発見された敵戦車の数から西側にいる敵戦車の推測し、場合によっては他のルートの援護に行く事も視野に入れる必要がある。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

LIVE OAKS(ライヴオーク) 1000×1000 夏季 通常戦

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

MALINOVKA(マリノフカ) 1000×1000 夏季 通常戦、遭遇戦

樹木や茂みは多いが意外と遮蔽物の限られたマップで遠距離からの砲撃を受けやすい。
そのため広大なマップ内でどこに視界を確保してるかが攻守に大きく影響する。
防衛線の位置がわかりやすく、迂回ルートもはっきりとしているので敵の動向と布陣を察知できるポイントに偵察を送り込んで素早く叩き潰せるかどうかで勝敗が決しやすい。
自走砲は、フラグからやや離れた位置に開始位置がある為、偵察に向かう戦車は彼らが射撃体勢に入ってから突撃するのも良い。

 

南側のチームIには中央の平野に面した所に廃屋がいくつかあり、それに隠れることで敵の砲撃から身を隠す事が出来る反面、幾つかの茂みが視線を遮る以外は遮蔽物に乏しく、攻撃の際にそれが障害になる事も多い。
また序盤にその廃屋の壁に敵戦車が張り付くとこちらが丸見えとなり、非常に苦しい展開になる。
特に一度張り付かれると敵の排除が難しい一番西端の廃屋が狙われやすい。
敵が張り付いた廃屋の壁の延長線上の池の東岸や丘の上の林付近からの超遠距離砲撃や自走砲の攻撃で排除する事ができるのでいざと言う時の為に覚えておこう。
E-7の草むらが置き偵に最適。

 

北側のチームIIは身を隠す破壊不可能な建物こそ無いものの、フラッグそばに破壊された戦車や岩が散在し、斜面を下った平原との境目には、茂みと丸太のバリケードの陰に塹壕の様な稜線射撃に適した浅い窪地が広く走っている。
また小さな茂みがいくつかあるのでそれをうまく使う事で姿を隠しながら一方的に攻撃する事も出来る。
しかし、開幕直後の敵の偵察によって視界を確保されて敵陣からの直射を許してしまうと集中砲火を受けかねないので足の遅い戦車は迅速に行動するなど注意が必要。
フラグ傍にある家屋は全部砲撃で破壊できる物なので過信しないように。

 

東側には森と小さな村、二方向からしか侵攻できない崖上の風車の丘があり、側面攻撃を狙った部隊が衝突する事もある。
Ⅰ側には待ち伏せに適した林や森林、陣地脇の池、Ⅱ側には小さな教会と、自走砲の射線を避けたり、視線を遮る攻防の要になる地形も多い。

 

平原の東側の湖畔に広がる湿地帯は、平野部から一段低くなっており、緩やかな稜線と起伏や茂みが、見た目以上に陣地中央付近からの視線をさえぎるので、対 岸から湿地帯に広く視界を確保している戦車が居ない状況だと茂みに隠れて敵陣の様子を伺ったり、砲撃から身を隠しながら敵陣近くまで近づく事も出来る。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

MINES(鉱山) 800×800 夏季 通常戦

中央に高地、西に水辺、北と北東に集落が配置されたマップ。

 

中央の高地は西側からのみ進入可能だが多方向に向け射界が開けている。
場合によっては敵陣に陣取るSPGすら狙い撃てるのでここを取るか取られるかが勝ち負けに強く影響する。
ただし高地に集中し過ぎると左右を突破されて包囲されてしまうので注意が必要。

 

時間が変更され夕暮れになったほか、集落がより整備されたものとなり、建物が破壊できない石造りのものとなった。
また、中央高地入口付近を中心に岩などの障害物が新たに配置された。
このため高地入口のT字路から隠れながらの射撃が可能となっており、中央高地を抑えることがより重要となっている。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

MOUNTAIN PASS(山岳路) 1000×1000 夏季 通常戦

マップ北東部でⅠ陣地から山の北側を回りこんで下っていくルートと、
Ⅱ陣地から滝のある谷を抜けて抜けるルートが河川敷の東で正面衝突する氷河ルート、
マップ中央部分の橋とマップを分断する河川敷へ降りて敵陣へ攻め上がる二つの最短ルート、
マップ西の山を迂回するルート、
おおよそ4つの進軍ルートが考えられる。
両軍ともマップ中央部の平野から河川敷へ降りる事ができ、氷河ルートと中央ルートはマップ中央の河川敷で接続されている。
各ルートを隔てるように標高の高い山と谷がいくつもあり、
別ルートへの素早い移動が困難な為、ルート選びと自走砲の配置に頭を悩ませるマップになっている。
両軍フラッグ周辺にはSPG向けの高台があり射界・視界ともに開けているが、逆に狙われやすくもあるので注意が必要。
局所的にⅡ側に不利な地形がいくつかある。

 

Ⅰ陣地から山の北側を回りこんで下っていくルートは割と起伏に富み高低差が激しい。
特に河川敷へ下る坂はかなりの急勾配となっている。
坂の上に戦車に陣取られると出力の低い戦車での登攀はかなり苦労する事になるだろう。
とは言え、坂の上から十分な俯角を取って撃ち下ろせる戦車は少なく、
坂の斜面に取り付かれてしまうと車体を晒して坂の下の戦車を狙わないといけない戦車が多いため、
今度は防衛側が苦労する羽目になる。
Ⅱ陣地から河川敷へ合流するルートは、合流部分の河川敷が遮蔽物も疎らな開けた地形の為、
中央の橋の上や崖上、中央から河川敷へ降りて来た戦車からも側背を脅かされやすい。
しかも、開けている割に川底を思わせる起伏のある地形の為、砲の仰俯角の狭い戦車は足元に注意が必要。

 

中央ルートは、両軍フラグ付近にある高台に陣取ったSPGの射界に収まるので支援を受けやすくなっている。
特に橋ルートは、Ⅰ側の丘の上から全長約500mある橋ルートの殆どを射界に収める事ができる。
両端の谷間の曲り角以外、Ⅰ側のゆるく蛇行した谷の何箇所かに身を隠す場所がある程度で非常に見通しがよく、少数で守り易い地形になっている。

 

中央の河川敷を挟んで山を背にした平野部分は、
両軍とも対岸の河川敷への坂を下る戦車を狙うのに適した位置に若干の遮蔽物が点在している。
割と距離が近い為、マップ西の迂回ルートへ進む戦車は、不用意に側面を晒すと狙撃されることも。
ここもかなりの広範囲がⅠ側のSPGの高台の射界に収まっているⅠ側が優位な地形である。
すりばち状になっている河川敷へ下る土手の斜面は、勾配の割りに遮蔽物が一切なく、
中途半端な位置で戦うと対岸への反撃も覚束無い侭、不用意に上面装甲を晒して撃破されかねないので注意が必要。
河川敷の西端にあるⅡ側の平野部とⅠ側の山の迂回ルートの合流地点近くの小高い丘は、崖上から東西に伸びる河川敷を遠くまで見通す事が出来る。
振り返れば迂回ルートから突出してくるⅠ側の側面をつく事が出来る待ち伏せ場所にも思えるが、
逃げ場のない袋小路の終点だと言う事も忘れないように。

 

西の迂回ルートは、フラグまでもっとも長距離を移動するルートになる反面、山を盾にフラグ付近の自走砲の火線から逃れることができる。
Ⅱ側の平野部西部分は、小さな丘を中心にⅠ側の迂回ルート出口部分を狙うのに都合の良い岩場や起伏が広く点在して厚い防衛線を引く事が可能な地形……。
なのだが、ここに纏まった数の戦車が留まってしまうと他のルートがかなり手薄になってしまうジレンマを抱えた場所でもある。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

MUROVANKA(ムロヴァンカ) 800×800 夏季 通常戦、遭遇戦

中央に村があり、西側には丘、東側には森があるマップ。

 

東側にある森は潜伏するのに有効で、
下手に身を晒すと多方向から一斉射撃を受ける可能性が高い。
南東の湖沿いに丘と小さな森があるので、攻撃する場合はそこから侵入すると攻撃を受けにくい。

 

西側は小高い丘が連なり、茂みもいくつかあるので高さを活かした射界を取れる。

 

また、お互いのフラッグの裏には小屋や茂みがある為、
ベースキャプチャーを狙う場合はそこに潜む駆逐戦車などを警戒する事も必要。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

PEARL RIVER

#ref error : ファイルが見つかりません ()

※偵察ポイント
北側:F-3の茂み?
南側:H-8の茂み
※砲撃ポイント
北側:
南側:
※砲撃ポイント(自走砲)
北側:D-2
南側:H-0,H-8,K-9

 

SEAPORT(港) 800×800 夏季 通常戦

狭い通路と障害物の多い本陣付近と、広くて斜線の通る中央部で構成されたMAP。
2本の高架道路は偵察にちょうどよいが、同時に的になりやすく使いどころを見極める必要がある。
MAP右下の砂場は、水辺に近寄りすぎると滑り落ちてそのまま水没してしまうので注意が必要である。
また、南側開始チームのSPGは居場所が限られるので、こまめに移動してカウンターを警戒する必要がある。

 

なお、線路脇にある鉄の棒と、MAP中のパイプは破壊できそうに見えて破壊することはできない。
ぶつかると大幅な時間消費になってしまうので運転には注意が必要。
配置されている列車は弾が通らないが、被弾などで破壊されると以降は弾が貫通するようになるので、上手く利用するといい。
もちろん、壊れる前でも列車以外の隙間は弾が通るので、列車が壊れていないからと油断していると痛い目に遭う。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

PROKHOROVKA(プロクホロフカ) 1000×1000 夏季 通常戦

西側に並木道、東側に鉄道と小さな村があるマップ。
遠距離からの砲撃や自走砲の砲撃から逃れられるような遮蔽物はほとんど無く、偵察や視界の確保が重要なマップになっている。

 

中央の平原部分は、真ん中のやや高めの稜線がお互いの陣地を遮っているのでお互いに敵陣付近の戦車を直接狙う事は出来ない。
その南北に広がるフラグまでの平原も更に低い稜線で3つに分割されているので登坂力の無い戦車と俯角の浅い戦車は、東西への移動と砲撃にも苦労する事になる。
また、盆地には幾つかの岩や茂みがあり、線路のある土手の脇には並木と一緒に茂みが列を成して生えているので自走砲や駆逐戦車が潜伏する場所も点在している。
この地形のせいで中央の稜線を突破されて内側の盆地に潜り込まれると側面からの砲撃での排除が難しくなる一方、侵入した戦車も東西への移動に稜線を乗り越 えねばならず、平坦なフラグ付近や平原の稜線の上や中央の稜線と同じ位の標高の西側の道路付近から迎撃する戦車にも有利に働く地形になっている。

 

マップ東側の線路の土手で区切られた一帯は、南側は池と小高い丘、北側は川で移動可能な場所を大幅に狭められている。
線路の土手沿いの並木と茂みが視線を遮る潜伏場所を提供し、中央の小さな村が両軍を隔てている。
南側の丘はII側フラグ付近や線路東側一帯に広い射界を確保出来る反面、下にいる戦車との連携が疎かになると孤立して遊兵化してしまいやすい。
II側にとっては放置するのも危険な悩ましい場所になっている。
線路脇の村は、建物は破壊可能なものばかりなので砲撃で吹き飛ばしたり踏み潰して進む事も出来るので注意が必要だ。
線路を挟んだ平原入り口にある幾つかの家も同様で遮蔽物になり得ない、周囲にある岩も側面からの砲撃には無力なので迂闊なタイミングで進出すると平原に駆け込む間もなく集中砲火を受ける危険な場所でもある。
東側の土手の上を走る線路は、脱線した長い列車の隙間の3箇所でマップの東西を結んでいる。
両軍陣地近くの斜面は勾配がかなりきつく、乗り越えようとする戦車は無防備な姿を晒さなければならず強引に突破しようとすると手痛い反撃を受けやすいので突入のタイミングは選ぼう。
土手の頂の線路の部分に陣取ると線路の東と西に広く射界をとる事ができるので防衛に有利に思うかもしれないが、敵の視界に捕捉されると非常に危険な場所に早がわりするので注意。
因みに積荷の戦車はパンテル戦車ではなくT-34の様だ。
西側の南北にマップを縦断する街道沿いは、街路樹と一緒に列を成して鬱蒼と茂る茂みで南北の見通しが非常に悪い。道路も少しだけ盛り上がっているので南半分の街道沿いは東側からの砲弾を凌げる場所も広い。
道路西側のなだらかな斜面一帯にも潜伏場所に適した茂みが点在し、I陣地脇のマップ北端には自走砲が姿を隠すのに適した茂みが密集し、II陣地脇の南端も広い一帯にかなりの数の茂みが集中している。
街道沿いには地形以外に一切の遮蔽物がないので軽戦車などが先行して視界を確保している所に迂闊に前進すると遠距離から猛烈な集中砲火を受けてしまう。初動でどこのラインまで確保したかと隠蔽率と視認範囲の数値の優劣が大きく影響してくる戦場になっている。
初期配置場所と地形の関係からI側の方が初動で進出しやすく、中戦車程度の機動力があればマップ中央の稜線付近まで余裕を持って先行して潜伏する事ができ。II側は、南端の一帯に余裕を持って広く布陣して防御陣を引く事ができる。
散開して布陣する利点が薄いように思われるかもしれないが、密集した防御線を引いていると別の戦車を狙った流れ弾をもらったり、回避行動中に後ろの戦車の火線を塞いで誤射されたり、お互いの回避行動を妨げてしまったりと事故の原因になる事もある。
縦に布陣すれば味方の重戦車や重駆逐戦車や残骸を盾にする事もできるが、隠蔽率の低い戦車には真っ先に火線が集中するので事故の危険と自分の視界と射界を限定する事にもなるのを忘れずにおこう。
視界が途切れ、敵の姿が見えなくなっても満足な回避行動がとれずにその場に留まっていたり、まっすぐ後退してる事も多いので残弾に余裕があれば、敵のいた場所や予想進路に数発余分に撃ち込んでおくと高い確率で命中を期待できる。
自分が逃げる時は、まっすぐにバックせずに少し斜めに後退すると余計な一発を避ける事ができる。基本を思い出しておこう。

 

※偵察ポイント
北側:E-1の茂み、F-9(エンカウンター用)
南側:E-1の茂み、G-1の茂み、G-0の茂み(エンカウンター用)、E-4(敵側の強襲偵察車両全滅後)
※砲撃ポイント
北側:
南側:
※砲撃ポイント(自走砲)
北側:
南側:

 

PROVINCE(プロヴィンス) 600×600 夏季 通常戦

低Tier戦専用マップ

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

REDSHIRE(レッドシャイア) 1000×1000 夏季 通常戦

なだらかな丘が続くマップで、中央を川が横断しているが橋以外の場所でも渡河可能である。

 

川の北側に位置する頂からマップ全域を見渡すことが出来る小高い丘陵が攻防の要になりやすい。
II陣地手前の山頂に多くの戦車が上がってしまうと正面突破がほぼ不可能になってしまうため、マップ端を迂回した敵陣後方への突破の成否次第で遠距離射撃の消耗戦になってしまう傾向がある。
その丘がII陣地初期配置場所から目の前にあるため、I側は頂上付近の豊富な木立や岩陰からの火線に晒されながら進軍する事を強いられる。
I側にもフラグのすぐ近くに待ち伏せに有利なオブジェクトが配置された丘の稜線が存在するが、II側丘陵との間に広がる川辺から橋を中心にした町付近までと制圧できる範囲は限られる上に、マップ西側を迂回してくる戦車に対して防御が甘くなってしまう事も…。

 

マップ西端の平原より一段低くなった川縁をII陣地横の村まで道路が通じている。
マップ中央を走る川縁の道路とも繋がっているこのルートは、山頂からは殆ど死角になっているⅡ陣地の弱点でもあり、敵の視線を掻い潜ってI陣地西側へ侵入できるルートになっている。
待ち伏せに好都合な地形やオブジェクトも豊富に用意されている。

 

マップ北東端の川岸に広がる開けた窪地は、両陣営をつなぐ最短距離の突破ルートになっている。
川を中心に広がる窪地は、川の西岸にはII側丘陵と畑の広がる平原からの火線を遮る形で稜線が広がり、東岸にはII側丘陵からの火線に戦車を晒さないと攻撃出来ない死角の斜面が広く広がる。
どちらの陣営も一度侵入したら一気に攻め上げないと不利な地形になっている。
II側川岸北側の丘陵から一番離れた斜度の緩い窪地の北端の出口には、II側に有利な形で岩場が有る。

 

Ⅰ陣地の南西側に広がる畑一帯は、マップ画像から分かり辛いがかなり高低差のある丘が連なり、
非常に起伏に富んだ地形になっている。
その為、Ⅰ陣地の山の稜線やフラグ付近に陣取った戦車からは十分な視界が確保できず。
西側に進出した味方が居ないと、渡河の兆候どころかマップ端を南下して渡河してきた敵がフラグ付近に侵入するまで気がつかない事もありえる。
逆に西側へ進出し、マップ端を北上してⅡ陣地の背後へ回り込む時は、味方を隠す頼もしい地形になる。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

RUINBERG(ルインベルク) 800×800 夏季 通常戦、遭遇戦

マップの中央上下にフラッグがあり、お互いスタート地点付近ではあるが、
大抵は相手の迂回を嫌って、自走砲の火線から逃れられる西の市街地側か東の郊外側のルートになる。

 

市街地側は当然、建物が高くArtyからの攻撃を避けやすく支援を受けにくい。
爆撃で倒壊した建物が多いⅡ側からは、マップの見た目以上に自走砲の火線が広い範囲に届く。
マップ西中央の教会前の噴水のある広場からクモの巣の様に放射状に広がる道路は、路面も良くて平坦な上に道幅も広く、道路脇に建物の瓦礫が散乱して若干の遮蔽物がある程度で非常に見通しがよい。
角に陣取って十字路や広場へ通じる道路の出口を封鎖している時に思わぬ遠距離から狙撃を受けたり。
高速な中戦車に装填の隙を突かれて突破されたり、迂回されて側背を衝かれる事もある。

 

マップ東半分の郊外側は、Ⅰ側に公園、Ⅱ側に住宅地が広がる。障害物の高さが低いため、自走砲が布陣することが多い。
東側に展開した味方が少ない場合、軽戦車に縦断され破壊されやすいので注意が必要だ。
Ⅰ側の公園は、フラグ付近まで視界を遮るのはわずかな起伏と茂みのみで視線が通りやすい。遠距離からの狙撃や茂みや建物を利用しての自走砲や駆逐戦車の待ち伏せに適している反面、隠れられる場所も限られている。
Ⅱ側の住宅地は、火線や視線を遮るのに有利だが、建物が密集して複雑に入り組んでいるため、砲塔旋回速度で劣る重戦車や駆逐戦車では苦戦することもある。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

SAND RIVER(砂の川) 1000×1000 砂漠 通常戦、遭遇戦、強襲戦

その名の通り涸れかかった砂漠の川を挟んで進撃ルートが大きく二つに分けられる。
また砂漠であるため、3か所ある集落と少数の茂みのほかは遮蔽物が無い一方で、
いくつもの砂丘が連なり地形は非常に起伏に富んでいる。
そのため起伏の頂上まで上がると非常に見通しが利くため遠距離射撃が可能である。
ドイツ戦車乗りは辛く、アメリカ戦車乗りは腕の見せ所になる。
前線の戦車が視界を提供し、自走砲が積極的に位置を調整して射界を確保して砲撃を続けている限り、進軍ルートが限られるので両陣地を隔てる砂丘と敵陣地手前の自走砲の火線と遠距離からの砲撃を避ける物が乏しい開けた場所をどう突破するかが鍵になっているマップだ。

 

Ⅰ陣地は、高い丘と干上がった川に隔てられている為、強引に攻め込むと手痛い反撃を受ける事も。
Ⅱ陣地は、やや平坦な高台の上に設置されている為、各方向へ迅速に移動できるが守り難くなっている。
集落に配置されている建物は、モスクを除いて全て砲撃とある程度の馬力がある戦車なら押し潰せる建物なので油断は禁物。
戦車が隠れた建物を砲撃で破壊して炙り出して味方の射撃を通したり、
建物を踏み潰しながら接近して近距離に迫って来る人もいる。

 

II側陣地南からマップ南西部一帯とI側陣地の直ぐ北西にある大きな砂丘一帯は、敵陣地付近に展開した自走砲に対するバリアーにもなるが仰俯角を取れない戦車にとって安定して砲撃できる場所の限られた非常に辛い場所になっている。
特にマップ南西端を経由して両陣地を繋ぐルートは、I側にとって川の西岸を南下してきた戦車の迎撃に忙殺される場所だが、マップ南西端を経由してII側陣地の防衛線の内側に潜り込める貴重なルートにもなっている。

 

II側陣地の東に広がる川の東岸一帯は、緩やかだが起伏に富んだ砂丘地帯で両軍の陣地手前まで安全に侵攻出来るルートが幾つもある。
そこへの突破口になるI側陣地北西の大きな砂丘は、移動にかかる時間の問題でII側の方が砂丘の北側に展開し易くなっているのでI側の配置の偏りやII側 の高速な戦車や初動で北東部まで突破しない限り、お互いに陣地からの援護を受けられる盆地状の砂丘東側、II側が砂丘北側の道路付近に展開して睨み合いに なって消耗戦になりやすい。
両軍の陣地の距離が近く、陣地の丘の上に陣取った戦車の目の前なので、川の東岸の丘一帯に敵の視界が確保されていると迂回も難しい場所になっている。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

SERENE COAST(のどかな海岸) 1000×1000 夏季 通常戦

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

SIEGFRIED LINE(ジークフリート・ライン) 1000×1000 夏季 通常戦、遭遇戦、強襲戦

西側の平原と東側のやや狭い市街地で構成されているが、それらの境目にはコンクリートブロックが南北方向に並んでおり一部分でしか行き来することができない。
平原部はトーチカが点在しており絶好のキャンピングスポットになっているが、全体的にゆるい起伏があるため高速の戦車を迎撃するのは決して簡単ではない。
また、市街地の戦況と陣地転換を衒わないSPGが敵方にいると物陰から燻り出されたり、孤立しかねない。
市街地部は碁盤状ではないため、様々なところから弾が飛んでくるだろう。
一区画の大きさも小さいために鈍足の戦車でも建物を回りこみやすく、側背を衝かれない様にミニマップの確認は怠らないようにしたい。
一番東には一直線に伸びる道路があるため、MT・LTの突撃にも警戒したい。
また、II側陣地の周囲ははすり鉢状になっており中長距離からの狙撃による守備が出来ないため、敵のラッシュには警戒しよう。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

SOUTH COAST(南部海岸) 1000×1000 夏季 通常戦

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

STEPPES(大草原地帯) 1000×1000 夏季 通常戦、遭遇戦

全体的に緩やかな起伏があり、中央から西にかけては障害物が点在するが、東には障害物が少ない。
戦闘は主に西端の小山の周辺と北東の一段下がった部分の二ヶ所に分かれて行われる。

 

中央を南北に走る道は一段低くなっていて、左右からの攻撃は難しい。
これを利用して高速戦車がフラッグへ最短ルートで突っ込んでくる場合があるため要注意。
特にゲーム開始から数分経過してから進撃されるとフラッグ守備隊のみで迎撃しなければならないため、SPGが簡単に撃破されてしまうことも多々ある。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

SWAMP(湿地) 1000×1000 夏季 通常戦

マップ中央の沼地と二ヶ所の橋を挟んで対峙するマップ。
自走砲の火線を遮る遮蔽物や地形が少なめで、対戦車壕や池等で通行可能なルートもかなり限られている。

 

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

WESTFIELD(ウエストフィールド) 1000×1000 夏季 通常戦

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

WIDEPARK(ワイドパーク) 600×600 夏季 通常戦

※偵察ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント
側:
側:
※砲撃ポイント(自走砲)
側:
側:

 

(聖なる谷) 冬季 通常戦

#ref error : ファイルが見つかりません ()

※偵察ポイント
北側:
南側:
※砲撃ポイント
北側:
南側:
※砲撃ポイント(自走砲)
北側:
南側:

 

(セヴェロゴルスク) 冬季 通常戦

#ref error : ファイルが見つかりません ()

※偵察ポイント
北側:
南側:
※砲撃ポイント
北側:
南側:
※砲撃ポイント(自走砲)
北側:
南側:

 

(湿地) 夏季 通常戦

#ref error : ファイルが見つかりません ()

※偵察ポイント
北側:
南側:D-1
※砲撃ポイント
北側:
南側:J-3
※砲撃ポイント(自走砲)
北側:A-9
南側:J-3,K-5

 

(竜の峠) 冬季 通常戦

#ref error : ファイルが見つかりません ()

※偵察ポイント
北側:
南側:
※砲撃ポイント
北側:
南側:
※砲撃ポイント(自走砲)
北側:
南側:

 

(コマリン) 夏季 通常戦

#ref error : ファイルが見つかりません ()
※偵察ポイント
北側:中央の島
南側:中央の島
※砲撃ポイント
北側:
南側:
※砲撃ポイント(自走砲)
北側:
南側:

No Comments - Leave a comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">